Diary

日常のありがたさ

怒涛の入院ウィークが過ぎ、日常を過ごしています。

病気を経験すると感じる、日常の当たり前がどれほど幸せなことか…思い知らされます。

平熱で元気な笑顔を見せてくれるだけでよし!

退院していく1歳10ヶ月。

普段も靴と靴下が大好きなのですが、いつにも増して一週間ぶりの靴の登場で嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

久しぶりの歩行でたどたどしい。

周りをキョロキョロ。ずっと病室の景色だったもんね。

点滴を外されて、解放的に我が家で遊びまわって疲れちゃった。

よりいっそう可愛い♡ お疲れ様。

 

 

退院後も、ありがたいことに元気に過ごせています。

 

3月3日 園から持ち帰った手作りの雛人形ふた組

左は長男5歳が作成した雛人形!誰がモデルかな?!迫力あるね。

兄弟なので雛人形がなく、こうして持ち帰ってくれると、華やかで楽しくなります。

ちらし寿司を作って、男の子でもお祝い。

特別なことはできないけれど、できる範囲で子供と楽しんでいきたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ

↑ 応援クリックが力になります♪