作ってみた

【夏休みの工作】その子らしい個性的な貯金箱を 〜 100均で簡単な作り方〜アイデア次第の小学生

 

夏休みも大詰めですね!

最後にとっておいた(😆)貯金箱の工作に、意を決して手をつけました!

 

むずかしいことはなし!

その子らしいものを気軽に楽しんで作りましょ〜

 

小学生低学年は、どうしても親の関与の割合高くなりますよね。

子供扱いせず、一緒に楽しんで設計図から打ち合わせをすると、

\ 子供の喜びは格別です /

我が子のことを一番理解しているのは、親ですからね!

 

【貯金箱の工作】設計図を作成するよ!

まずは、子供と打ち合わせをして、設計図の作成です。

設計図作成で、完成の七割は決まったも同然。

  • その子らしい個性的なもの
  • 本当に使いたいと思えるもの

長男くんが好きなものは”飛行機”です。

飛行機が飛んでいる空港の貯金箱」にすることにしました。

イメージを膨らませます。

 

ダイソー(100均)へGo!

100均やホームセンターで材料を調達します。

今回買ったもの

  • 紙粘土
  • プラバン
  • アクリル絵の具

その他、タコ糸、ガムテープなど家にあるものを使用

 

製作開始!

木材のカット

 

刃物は、親の仕事です!

四面分カットしました。ギーコギーコ

少し、息子にも体験させました。

(注意!)100均の木材は歪んでいることが多いので、ぴったり揃いにくいです。

綺麗に仕上げたい方はホームセンターでカットしてもらいましょう。

 

木材に塗装

 

アクリル絵の具で、木材に塗装します。

し・ん・け・ん!

この作業が、いちばんウキウキしていました。

絵の具をするとき、卵パックは使えますよ!

汚れ物が減ります♬

 

ウキウキすることや鳥肌がたつような感動は、脳科学的に脳の成長に良好とのこと。

リアルな体験をたくさんさせてあげたいですね。

絵の具を乾かします

 

紙粘土で造形

 

次は、紙粘土で飛行機を作ります。

おもちゃをモデルに。

強度を考えて、丸っこいフォルムにしました。

立体の造形物の粘土製作は、大人でも難しいですね。

けれど、この工作のキモなので、がんばってもらいます。

なんだか、腹がぺったんこですが、良しとしましょう😆

タコ糸を団子結びにしたものを仕込ませて、吊り下げます。

こちらも、アクリルと油性ペンで塗装します。

 

面をボンドで固定

 

た〜っぷりのボンドで固定します。

(しっかり作りたい方は、釘でトントンしてね)

完成はもう直ぐ!

でも、ボンドがしっかり固まるまで待ちましょう。

 

仕上げです

 

プラバンで、残りの二面を覆います。

覆う前に、上面に貯金箱の口をカットし、飛行機を吊り下げる穴を開けて飛行機を吊り下げます。

黒のガムテープで固定します。

硬貨を出したい時は、ガムテープを開けるしかないです💦

 

完成しました!

 

\ タッタラー /

タコ糸を上げ下げできる、ちょっとした遊び心を。

なんて事のないシンプルな作りですが、

息子の趣向にドンピシャな貯金箱が完成しました!

 

長男くん、工作の楽しさと相まって、ニヤニヤが止まりません。

 

そしてここで、夏休みの宿題がフィニーッシュ!!

あと一週間、親も気楽になりましたー♬

 

工作やら作文は、後に残しがちなので、サクッと終わらせたいですね。

 

【追記】

こちらの作品が、“学校賞”いただきました☆

本人の自信につながったようで、とても嬉しそう。

来年もがんばろう💦

(手を出しすぎないように💦)

 

インスタでは、可愛いアイデアがい〜っぱいです♬

みていて楽しい〜

Natsumi_fu-sukeさん(@takeyamanatsumi)がシェアした投稿

YUKAOSUZUFUさん(@yukaosuzufu)がシェアした投稿

とらままさん(@tora_mama)がシェアした投稿

 

手作り感溢れていると、作り手を感じていいですね!

素敵なアイデアは、ありがたく参考にさせていただきましょう!

 

それではまた♬