子育て

学力アップのためにそれ以外の能力を伸ばす!「偏差値を上げたいなら勉強以外の尺度を探せ」石田勝紀

 

石田勝紀氏「偏差値を上げたいなら勉強以外の尺度を探せ」のコラムを読みました。

私が感じていた、勉強一辺倒ではなく、

社会経験から本人の”勉強したいという気持ちを引き出す”ことの大切さに自信が持てる内容でした。

そして、親子で勉強を通して喧嘩したりストレスで消耗せず、価値観の幅を広げることで、幸福感を得られ、人生も豊かになりそうです。

 

子供のやる気・自主性をなくしている原因は親?!

 

はじまりは、ある中学生の母親からの相談からはじまります。

志望校はあるものの、塾もテストも身が入らない状態。

どうにか息子にやる気を出させたいというお悩みでした。

ほとんどの学生さんは具体的な目標が見つからず、このような状態ではないでしょうか。

石田氏は答えます。

やる気が出ない最大の理由は、「面白くない」からです。

母親:『テスト前も塾の対策プリントをただ持ち帰るだけで、結局私が声を掛けないと手を付けない状態です』

→ この状態が、何を意味しているかおわかりでしょうか。親の「声掛け」というアラームによって手をつけるようになってしまったということを意味します。つまり、このままでは今後も声掛けをしない限り、子どもは自主的に動くことはないでしょう。

どきっとしてしまいます。

そう。母親が先回りして声掛けするようになってしまうと、子供はそれがないと動かなくなってしまうのです。

自主的に動くことはなくなってしまう。耳がいたいです。

yummy
yummy

子育ての最終目標は”自立”させること!

一生暗記!!

子どものやる気をどうしたら引き出せるかという質問ですが、子どものやる気とは、おそらく勉強へのやる気のことだと思いますが、それに対する筆者の回答は、「学力(偏差値)という尺度1つで子どもを評価することをやめれば、子どもは勉強に向かい出す」ということです。

学力だけで子どもを評価していないと言われるかもしれませんが、子どもの勉強の実態をかなり詳しくご存じであり、勉強に関して高みに上がろうとしないわが子に対して心配になっている時点で、無意識のうちに「勉強する子=よい子、勉強しない子=悪い子」と刷り込まれている可能性があります

そう。

親の価値観から変えなければいけないようです。

無意識に勉強ができることが良いことだと思っていませんか?

勉強一辺倒の価値観を押し付けられると、ぼんやりと、身近な友達より少し成績が良かっただけで満足してしまったり、何のために勉強するのかわからなくなり、勉強とどう付き合って良いのかわかりません。

通常は、勉強のことが親の最大関心テーマであるため、無意識のうちに、子どもの評価尺度を学力・勉強・偏差値でみてしまいます。しかし、評価尺度が1つだと、人と比べるようになり、競争が始まります。

人の才能は、多様であるのに、たった1つの尺度でみてしまうということ自体、そもそも無理があるのです。

 

勉強だけではない他の才能を見出す

子供に他の価値観や才能を見つけてあげると、どうなるでしょう

まず、親の子どもへの言葉がけの種類が変わります。すると子どもは認められたと感じるようになります。自分を認めてくれる人のことを信頼します。信頼関係ができると、その人の助言や指示を受け入れるようになるのです。

子供は勉強一辺倒の価値観を押し付けられるより、自分の良いところを見つけ可能性を見出せると自信がつき、それを認めてくれる親と信頼関係ができるんですね。

本当に、自分の子供時代を思い出すと納得です。

 

いろいろな価値観、尺度があります

 

次のような尺度があります。人との話をすることができる、モノを作るのが上手、心理を読むことができる、コツコツを言われたことをしっかりとこなすことができる、記憶が得意、分析が得意、絵を描くことが得意、反射神経、楽器ができる、歌が上手、料理が得意、整理整頓できる、外国人とも自然に話せる、お金を稼ぐことができる、組織を動かすことができる、などなど。まだまだ尺度は星の数ほどあります

これらすべて、それぞれが立派な尺度です。そういった自分が得意なことや好きな尺度で生きていくと、その人の人生は幸せになるのです。だから、たくさんの尺度を認めてあげましょう。すると、そこから自信が生まれます

こういった見方ができると、大人の方もモノの価値観が広がり、幸せを見つけることが上手くなりそうです。

人生は長く、可能性は無限大です。

大人も自分の人生に自信をもち、幸せでありたいと思います。

 

そして、ここからが大切です!

自己肯定感が満たされると、偏差値も上がり出す

勉強以外の尺度で自己肯定感が満たされると、偏差値も上がり出す

裏から回って偏差値尺度が上がっていってしまうということです。なぜなら人は、1つでも尺度が満たされると、安心感を覚え、それ以外の尺度、たとえば勉強のようなやらねばらない尺度も、やってもいいというように寛容になっていくものなのです。

我が子であれば、

飛行機が好き→図鑑を読む、空港で観察する→英語や国旗、飛ぶ物理を学ぶ

英語や社会、物理につながります。

勉強に関する部分と“かすれば”いいのです。この「わずかな接続」があると自覚できると、子どもは勉強の意味を感じ出します。どのような尺度でも勉強の一部と“かする”ことがあるのです。

「なぜか勉強にスイッチが入った」というご連絡をたくさんいただいています。実はその背景には上記のような仕組みがあるのです。

すぐに変化がでるとは限りません。時間がかかる場合もあります。でも徐々に勉強に対する子どもの意識は、不思議と変化していくはずです。

 

勉強をしなさい!と、親子で毎日喧嘩して、消耗していませんか?

  • 本人の自主性に任せる
  • たくさんの可能性を見出し、能力を褒めてあげる

 

何歳からでも、子育てを通して意識していくだけで、簡単にできることですね。

しかも、幸福感も高そうです。

 

自分の考え方と似ていたので自信につながりました。

あわせて読みたい
【家庭学習】なぜ私は小学生に \ 公文や塾は不要 /と実感したのか メリット・デメリット 私が、小学生に公文や塾は不要だと実感した理由。 その理由をお話します。 こんな家庭もあるんだ!という、ご参考までに♪...

 

子供の可能性を見つけてあげるのは、親も楽しいですね。

それでは、また♬