子育て

【夏休みの絵の宿題】クレヨンと水彩絵の具でソコソコうまく描くポイントとコツ♬ 〜 課題はコレに決まり〜交通安全ポスター

 

夏休みの絵の宿題も、後回しにしてしまいがちではないでしょうか。

クレヨンと水彩絵の具を使って絵を描く…

ポイントをつかめば、ソコソコ上手い絵が描けるので、ぜひ楽しんでトライして欲しいです♬

 

夏休みの絵の宿題〜課題選び

 

ウチの小学校は、下記の中から選んで挑戦しましょうというスタイルです。

最悪しなくてもよいらしい…のですが、余裕があればトライしたいですね。

お勉強の左脳ばかりではなく、想像力芸術の右脳も使いましょー♬

(長男くんはどちらかというと左脳よりなので、逆の右脳を働かせることはとてもよいこと)


夏休みポスター制作宿題(小学生低学年用)

  • 環境ポスター
  • 人権ポスター
  • 防火ポスター(参加賞あり)
  • 交通安全ポスター(参加賞あり)
  • 防災ポスター

ー画用紙は四つ切りー

って、おいおい。

低学年用とはいえど、難しい課題です。

環境? 人権?

大人でも何を描いてよいやら。こちとら小学一年生だよ〜

そんなツッコミをぐっとこらえて…

参加賞につられて交通安全ポスターにすることにしました!

(せっかくなら、オマケ欲しいよね?)

 

構図を鉛筆で下描き

教育委員会の裏事情

 

交通安全ポスターに決めても、息子は何を描いてよいやらわからない様子。

そうだよね。

ポスターは、人に作者の意図を訴えかけなければならない。

作者の意図?小学一年生に難しすぎませんか?

もうちょっと、ほら、”夏の思い出”やら”家族の絵”なんかがあるでしょう。

こういった課題は、各関連団体が教育委員会へ募集してきて、そのまま課題にする型にはまった堅い思考なのです。

インターナショナルスクールなら、こんなお題はでなさそうだね?

 

…そこで、親は裏事情に悲観してはいけないよ!

どんな事情であれ、

\ 息子に楽しんで絵を描いてもらうおう/

 

お題を決める

 

仕方なく、構図やスローガンや伝えたいこと(意図)を私が決めて、長男くんと相談するように見せかけて促していきました。(めんど)

交通安全ポスターということで、

私が日頃危険だと感じていた”ながらスマホ”の運転を描くことにしました。

 

下描きは鉛筆で

 

そのまま描かせると、画用紙のサイズに対して、対象物が小さい絵を描く長男くん。

普通の課題ならよいのだけれど、ポスターなので、

だいたいの大きさを私がマルで配置。

(子供、自転車に乗ってる人、車、横断歩道、信号、スローガンの場所)

あとは自由に下描きしてもらいました。

(一年生にすべてやらせるって無理じゃない?)

 

いざ、筆をとる

(お行儀が悪いのは目をつぶっていただきたい!)

ダイナミックに画用紙に絵を描くのは、やっぱり楽しいようです♬

 

こちらは途中経過です

はじめに、クレヨンで人間の肌色を塗りました。

肌色は、他の色と混ざると濁るので、一番はじめに塗ります。

ほっぺたをオレンジ色でのせるとチークのように血色がよくなり、可愛くなります。

 

主役は、目立つ色にしてそこに目が行くようにします。

前方の二人は、色を塗りこんで密度を濃くすることで、遠近感がでます。

近くは手をかける。遠くは雑にすることで、遠近感がでます!

(後ろの車はあえて塗りこんでいない)

(自転車は塗りこむと止まってみえるので、塗りこんでいない)

前方の二人の肌色が映えるように、接している色(道路の色)を濃くしてコントラストを強くしました。

背景の空はうす〜く、なんとなくでOK

 

スローガンを入れる

ガチガチのスローガンは違和感があるので、

長男くんとの会話の中ででた言葉に決めました。

 

文字のレイアウトに失敗…

1段目と2段目が離れてしまっていますね。

目を離したスキに描いていたので、しょうがない。

まぁ、この辺りは整っていない方がリアルですかね?

 

完成です!

 

応募したい人だけの自由な宿題だったのですが、余裕ができたのでトライしました。

やってみて、親の私も達成感が!

久しぶりに、自分も大きな画用紙に絵を描きたくなりましたよ!

本当に右脳を刺激されたような感覚で、童心に戻りました。

癒されて親のセラピーにもなって、一石二鳥です←