LIFE

なんちゃって金継ぎに挑戦

Astier de Villatte アスティエ・ド・ヴィラットの猫のマグ..

お気に入りのマグを不注意で💦

   \ ぎゃーーーーー💦 /

持ち手を破損させてしまいました。

ショックを受けたまま1年放置(!)していたのですが、

やってみたかった「金継ぎ」に挑戦してみようと思います

結果的に所要時間は Total 6日
(後で記載していますが、もっと乾燥に時間をかけた方が良いかもしれません。

用意したのは2点

フランクリン タイトボンド3
ポーセレン150 ライナー ゴールド
陶磁器用 よく品切れしています💦

  Total 1500yenでした♪

食器に使える接着剤 タイトボンド3✨

FDA認定(米国食品医薬品局)による食品安全性承認
(今回は口に触れない所だけれど

耐水性・耐熱性もあり食器に適しています

金継ぎをしなくても、このボンドは重宝しそう

接着はこのボンドで、欠けはボンド+小麦粉を混ぜたパテを使います。
(下記参照

コンタクト接着

コンタクト接着剤なので、
両面に塗って、8分おいてから接着します

被着材の双方に塗布し、所定の時間(オープンタイム=数分~までさまざま)後に貼り合わせると、すぐに大きな接着強度が発生するような接着剤。
限界圧着力を超えて圧着したとき、本来の接着力を発揮する。

Weblio辞書



ぶちゅ〜と盛り上がってくるので、
乾いたら、はみ出した部分をぺりぺり剥がします

欠けをパテで補修する

欠けが2mmほどの所は、さらにパテで補修
小麦粉とボンドを1:1の割合で練り、パテにしました。

(粘土くらいの固さが目安です)


その作業後がこちら↓

盛り上がりをぺりぺり剥がして平らにし、
この後、1日乾燥させます♪

ゴールドライナーを引く

慣れてきた頃にコツをつかむやつ

ゴールドライナー
細くこんもり引くとキレイ
乾く前なら爪楊枝で修正できます

yummy
yummy
振り返ると、ここでライナーを厚く塗ってしまい、十分乾燥させたと思っても、焼成後、気泡が浮き出てきてしまいました。
できるだけ細く薄く最小限に

ただし、パテはしっかり覆わないと、黒く変色して見えてしまいます

乾燥に4日! 風通しの良いところで放置
その後オーブンで焼成します♪

yummy
yummy
振り返ると、ここでもっと乾燥させた方がよかった..
時間があればひたすら放置しておけばよかったのかな

オーブンで焼成

\ 150°Cのオーブンで35分焼成 /


そして、焼成後..

失敗しました💦

残念ながら失敗しました😿

<反省点>

①乾燥に時間をかけたのに気泡が
(4日では足りない?)

②パテを完全に覆わず変色してみえる

③焼成前には目立たなかった作業中の汚れが浮上
(紙やすりでマシになるかも?



やはりプロには到底及びません💦


それでもなんとか


          \ 復活ーーー /

素人ながら、よく言えばヴィンテージ風に仕上がりましたw

普通に使えます
自分で補修したので、さらに愛着がわきます

もし、なんちゃって金継ぎにトライされた方は、
ブログかツイッターのコメントにてぜひ報告をお待ちしております♪

私も再挑戦したいです!

フランクリン タイトボンド3
Pebeo ポーセレン150 ライナー ゴールド
陶磁器用 よく品切れしています💦

  Total 1500yen♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA